突発的大挑戦〜予定調和と大空振り〜 20.12/12&13

<2>12/12 某所 続き 

  
さて、さらに調子に乗って、エゾギクキンウワバ(左)やら
クロオビフユナミシャク (右)やらも、樹木に誘って撮影してみることに♪

  
サザナミフユシャクはそれっぽい樹木にも誘ってバシバシと撮影。
しかしこのミゴトすぎる隠蔽色、じっとしてたらなかなか見つからなさそうですよね。

  
さらにクビグロクチバ(左)やら、サザナミフユシャク(右)やらを
バシバシと撮影して、とりあえずプチ撮影会は終幕とすることに。面白かったぁ〜

  
ゴキブリ類の幼虫(左)もいましたが、これはクロでもヤマトでもなさそうな…
あたりにはキリガ類(右)もいましたが、これはホシオビキリガあたり?

  
この後はもう1箇所大物狙いで林を歩きましたが、そちらは全く虫影ゼロ。
ちょっと時期的には早すぎるかナァとは思ってたんですが…
悔しまぎれに、せっかくだからと大移動して別のポイントを歩いてみると、
そちらではウスバフユシャク(左)やら、マエアカスカシノメイガ(右)やらが見つかります。

  
クロオビフユナミシャク (左)もベタベタとあちこちについていました。
あと1匹だけではありましたが、イチモジフユナミシャク (右)もご登場。

  
後は小さなカバナミシャク類(左)やらクシヒゲシャチホコ(右)やらを見つけたあたりで
結構いい時間になったので、しばらく仮眠方面にどっぷりと沈没…

<3>12/13 某所 続き 

  
翌朝やってきたのはとある公園。いい場所に止まってるカワセミ(左)を見つつ
歩いていくと、羽ばたいているキンクロハジロ(右)に遭遇。

  
んで、めちゃくちゃあっけなくお会いできたのは、噂のクビワキンクロ♀。
まだいるかなぁと思いながらの訪問でしたが、えらいこと愛想よくて嬉しいですやん♪

  
彼女はなぜか水を飲んでは上向くような行動を繰り返していたんですが、
その時のポーズがすごくかわいかったので、バシバシ撮影♪

  
せっかくなので、周辺でのんびりしていらっしゃった
キンクロハジロ(左)やらカルガモ(右)やらもバシバシ激写してみたり。

  
クビワキンクロは寝ている時間が多かったんですが、時々起きて(左)、
しばらく羽繕い(右)をしてくれるのでそこを狙ってバシバシ撮影。

  
ふいにいきなり明るいところをグングン泳いで(左)くれたり、羽ばたいて(右)くれたりも
しましたが、ほどなく再び寝っぱなしになったので、早めにこの場所は引き上げることに。

  
すると引き上げる途中でものすごく至近距離にシジュウカラ(左)やら
メジロ(右)やらがご登場。両方ともPowershotでの撮影なんです。

  
さらに、コゲラ(左)やらカワセミ(右)やらも、Powershotでこんなサイズに撮れるくらい
スゴイ近距離に出てくれてビックリ。じっくり遊んでも楽しそうな場所やね。

  
その後、所用を終えてからちょいと足を延ばした谷では、
一面にびっしりと並ぶヨゴレネコノメ?を発見。

  
しおれ切った状態に実だけ残ったハダカホオズキ(左)もありました。
なんか面白げなイネ系の実(右)もありましたが、これはチヂミザサなんかな?

  
ダイコンソウもたっぷり実をつけている株(左)があるなぁと思ってたら
いくつか咲き残り(右)もあって驚きました。こんな時期まで残ってるもんなんだ。

  
実をつけたカシワバハグマ(左)もありましたし、かろうじて咲き残ってる感じの
アザミ類(右)なんかもありましたが、期待していたブツは見つからず。むむ。

  
実になったサラシナショウマ(左)もありました。
真っ赤な実を多数ぶら下げたハダカホオズキ(右)もなんとも実にエエカンジ。

  
さらにシラヤマギク(左)があったり、実をたっぷりつけたガンクビソウ(右)が
あったりもしましたが、しつこく探すも期待していた環境は見つからず。場所が違ったかなぁ…

  
諦めて引き返し始めると、オオハナワラビ(左)をいくつか発見。
ヤブミョウガの実(右)は相変わらず宝石のような輝きを見せてくれます。

  
実になったシュウブンソウ(左)やら、ギリギリ咲き残りのあるノダケ(右)やらを
見た後で大移動して別の鳥方面に挑戦しに行きましたが、これがまた移動中に
「抜けたそうです」との最新情報が入ってきて、失意に沈みつつの帰路となったのでした(笑

というわけで、なんか不思議なストーリーの週末となりました。
一番のターゲットだったフユシャク巡りの方は、憧れのサザナミフユシャクも
ばっちりと逢うことができましたし、おまけもけっこうあって
なんやかんやとトータル6種のフユシャクが見れたから十分ではあるわけですが
なぜか灯火でしか見つからず、林の中では1匹も見つからなかったのは不思議な限り。
まぁ、ちょいと反則ですが野外風味のショットは撮れはしたんですが(^^;
もう1つの大物はやっぱりきっちりフライングだったし、
鳥方面の挑戦に至っては、クビワキンクロだけはきっちり逢えたものの
それ以外の珍鳥方面はどちらも抜けちゃってて中途半端になりましたし、
途中で立ち寄った谷でもウロウロ歩いただけになったり、
2日間あちこち歩き回ったにしてはちょいとばかり中途半端な展開…
まぁ、あんまりきちんと下調べせずにテキトーに組み合わせたプランというのは
こういう風に破綻することもあるってことで、ドンマイ自分(笑


次⇒

topへ⇒