諸事情的GW⑤~〆括りなプチ遠征~ 22.5/5

この日は諸事情的GW(の動けた日)5日目。早いもんで最終日です。
この日もいろいろんな事情で動ける時間は短かったんですが、
最終日だしということで、思い切って稼働時間を削って大きく移動して
少し前からの課題に取り組んでみることにすると、
現地での挑戦時間が予想以上に短くなってはしまったものの
いくつかの課題についてはなんとかクリアすることができちゃって
けっこうイイ感じの展開になってしまったりとか。
期待していた某鳥の方は滞在時間中には飛びもしなかったようですが
諸事情的な日々の〆括りとしては十分なハッピーエンドとなったのでした(^^)♪♪

<1>某所

  
というわけで、大移動してやってきた場所では、ヤマネコノメソウ(左)を発見。
あたりにはナガバノタチツボスミレ?(右)なんかもアチコチにあります。

  
可愛らしいミミナグサ(左)も結構ありました。これはコバナじゃないほうですよね。
んで、ここらでタンポポ類(右)があったので興奮しましたが、セイヨウタンポポで残念。
てかこのあたりのエリアにもセイヨウがあるんだなぁ…

  
ヤマエンゴサク(左)はけっこうあちこちで群生していました。
カンスゲ類(右)もありましたが、これはヒメカンスゲかな?

  
ツルキジムシロ(左)もけっこうあちこちに咲き誇っていらっしゃいました。
さらに歩いていくと、アマナ(右)も次々とご登場♪

  
そのあたりにはなんだかやたらめったらとアマナが多くて不思議な光景に。
群生していることは多いけど、こういうパラパラとそこら中にってのはお初やな。

  
ビックリしたのは、大きな雪渓(左)が残っている場所があったこと。
あたりには咲き始めのショウジョウバカマ(右)があって雪解け直後って感じ。

  
ニリンソウ(左)がごちゃっと咲き並んでいる場所もありました。
そうこうするうちに、ふいに道端(右)に怪しい物体を発見。これはもしや?

  
じっくり見ると、それは狙いのイブキタンポポだったのでした。
ようやくの出逢いでメチャクチャ嬉しい限りですな♪♪

  
さらに探していくと、もっと太短くていかにもな感じのイブキタンポポも発見。
これだと実にそれっぽい感じで嬉しくなりますね。

  
さらにツルキジムシロ(左)も発見。イブキタンポポ(右)も
いくつか追加で見れて嬉しくなったり。でもあったのは一角だけでしたが。

  
さらに歩いていくと、イブキハタザオ(左)もいくつかご登場。
セントウソウ(右)なんかもパラパラとみつかります。

  
なんか面白げな花芽をつけた樹(左)もありました。これなんだっけ?
オオカメノキ(右)なんかもまだ今から花を延ばす感じです。

  
花芽をずらりとつけたメギ(左)なんかもありました。
んで、こちらも期待していたコウグイスカグラ(右)も見つかりはしたんですが…

  
なんか咲いている花は全部ひねまがってしまってて微妙な雰囲気(^^;
そもそも数花しかなかったし、またどっかで要リベンジかなぁ…

  
エリアを変えようと戻っていくと、一角だけアカヒダボタンがご登場。
そろそろ終わってるかと思ってたけど、案外長く咲いてんのね。

  
んで、いつもの某ワシ狙いの方々のいらっしゃるあたりを歩き回ると、
イブキハタザオはやたらめったら多数。残念ながら某ワシは飛ばなかったけど。

  
そのあたりにあるのはどれもこれもセイヨウタンポポ(左)でした。
少し標高を下げるとヤマツツジ(右)なんかも大満開。

  
この時期のお約束である黄色いじゅうたんも見れました。
恥ずかしながらこれはヤマガラシだと思ってたんですが、帰化種のハルザキヤマガラシ
なんですね。どうりでやたらめったら群生しまくっているわけだ。

  
オドリコソウ(左)もぱらぱらと咲いていらっしゃいました。
すごくいい雰囲気のヤマフジ(右)なんかも発見。

 
さらにそのあたりで在来タンポポ類(左)を発見。この標高だとセイタカタンポポ。
花上にはヒゲナガガの類(右)が鎮座していたけどなんて種類だろ。

  
あたりにはセイタカタンポポはパラパラと見つかりました。イブキタンポポに
くらべるとひょろ長くて”背高”というのは分かりやすいお名前ですな。

  
アギスミレ(左)なんぞを見て引き上げようとすると、いきなり道端に
ニホンザル(右)がご登場されて、最後のサプライズを頂戴できたりしたのでした(笑

というわけで、稼働時間短めでしたが結構楽しめた1日でした。
数年越しでようやくお目通り叶ったイブキタンポポがなによりの成果ですね。
2年くらい、挑戦しようと思ったら悪天候で辿り着けない、ってのが続いてから、
昨年はシーズン的に早すぎた感じだったみたいで全然見つからず、
今回ようやく見れたあげく、セイタカタンポポとも比較できたから満足かな。
まぁ、コウグイスカグラはちょいと中途半端だったし
某ワシ含め、ついでに見れちゃうかなって期待していたヤツラは
結構空振りしたものも多くはあったんだけど、
久しぶりの花たちにもいろいろ会えたりはして充分楽しかったし
現地の滞在時間を考えると十分すぎる濃さだったかな、とか思うような次第。
というわけで、今回の『諸事情的GW』はこれにて大団円。
1月前の計画とも、さらに言えば1週間前に練り直した計画とも
全く違う動き方になったけど、ムリヤリあれこれ楽しめはしたという総括ですかね。
あらためてみなさま、感染予防と体調管理には重々お気を付けくださいませ~


次へ⇒

topへ⇒