諸事情的GW③~ド地元的挑戦~ 22.5/3

この日は諸事情的GW(の動けた日)3日目。
この日は今まで以上に様々な諸事情によってほとんど動けなかったもんで
隙間時間をこまめに拾うことにして、
ちょこちょこっと地元的挑戦を敢行することに♪
するとビックサプライズはなかったものの、けっこうあれこれと
ささやかな発見が続いてなかなか楽しめてしまったりも。
さすがにチョコチョコ式の挑戦過ぎて少々中途半端になったりもしましたが
いやはや我が地元やっぱり底力あるなぁと感心しつつ、
なんやかんやと面白く嬉しい展開となったのでした(^^)♪♪

<1>某所

  
というわけで自宅から3分の池を歩いてみると、いきなりタベサナエ(左)やら
未熟なクロイトトンボ?(右)やらがご登場されたりしました。

  
ビックリしたのは池の中にかなりの数のトラフトンボが飛び交っていたこと。
置きピンで頑張ったらなんとか数枚だけGET。以外にいい環境なんだなぁ。

  
水際をウロウロすると、クロイトトンボ(左)も結構多数。
トゲヒシバッタ(右)は相変らず半水生な雰囲気で泳ぎまわっていらっしゃいます。

  
ヒメアメンボ(左)もやたらといたりしました。少し場所を変えようとすると
すっごくいい雰囲気に大満開のヤマツツジ(右)を発見♪

  
んで、ちょっと期待していた川沿いでは、以外にもここでもタベサナエが次々ご登場。
ということはここは川とはいえ、ワンド的な環境が強いということかな。

  
咲き並ぶオヘビイチゴ(左)を見たりしていると、可愛らしい感じの
ヒメウラナミジャノメ(右)が乱入されたのでバシバシと撮影♪

  
ちょっとおおっと思ったのは、浅瀬に群生していたミズユキノシタ。
まだ芽生えらしく赤く色づいた姿がめっちゃくちゃ可愛いやないですか♪♪

  
あたりにはオドリコソウ(左)もけっこうあちこちに咲いていました。
んで、タベサナエ(右)は結構次々とご登場されるも、他の種類が全く混じらず。
この場所の狙いは流水系のサナエだったんだけど、さすがに早すぎたのね。

  
別の河原を歩いてみると、なんか不思議な咲き方のトウダイグサ(左)を発見。別種?
んで、驚いたことにそのあたりには大量のアイヌハンミョウ(右)がいるじゃないですか。

  
赤味の強めの個体(左)から、ビックリするくらい緑色な個体(右)まで
たっぷり堪能できてしまいました。思ってた以上にここらはいい環境なのですな。

  
ふわふわとハラビロトンボ(左)もご登場。こんな場所にもいるのね。
シオカラトンボ(右)も飛び交っていたのでたまにはとパチリ。

  
ちょっと面白かったのは、水路沿いの日の当たる場所に大量の
ニホンカワトンボがひっそりと大集結していたこと。ひなたぼっこ状態なのね。

  
タカネマンネングサの群生する岩場をのぞいていると、ボロボロだけど
すごく怪しい蝶を発見。えと、これは一応クロツバメシジミでいいのかな?
こんな時期にここまでのボロがいるのだろうかというのが少々違和感あるけど…

  
周辺を探索すると、可愛らしい感じのモンキチョウ(左)やら、
のんびり日光浴中のヤマトシジミ(右)なんかは見つかったりしましたが
追加個体は見つからず。正体がはっきりわからんのは気になるねぇ。

  
少し場所を変えると、エエカンジに咲くトゲミキツネノボタン(左)を発見。
オオカワヂシャ(右)もかなりあって、チョイと複雑な気分になったりもしました(笑

  
ここでもアイヌハンミョウ(左)は大量にご登場。
堤防に上がると、一面のレンゲ(右)が見事だったりしました。

  
翅の一部が白い、未熟なニホンカワトンボ(左)がいるな、と
思っていると、交尾中の個体(右)もひょっこりご登場。

  
さらに場所を変えると、イイ雰囲気のデンジソウ(左)を発見。ここのは植栽だけどね。
草地の中にはホタルカズラ(右)が可愛らしく咲き誇っています。

  
サワオグルマ(左)もいい感じに咲いていました。水辺に春が来たなぁって感じですよね。
あたりではふわりとフタスジサナエ(右)なんかもご登場されたり。
#ダビドサナエではとの指摘を頂戴しました。池縁だったからダマされた(^^;

  
ここでもタベサナエ(左)もいました。旬な時期なんですかね。
シオヤトンボ(右)も賑やかにたくさん飛び交っていました。

  
さらに場所を変えて山の方を歩いてみましたが、タニギキョウ(左)やら
ヤマアカガエルのオタマジャクシ(右)やらが見つかったくらいで、最後はあまり
これといったオチもなく静かな終幕となったのでした…

というわけで、ド地元探索でしたが楽しめた1日でした。
今回はこれといった大ヒットがあったわけじゃないけど
いうても我が地元はやっぱりいろいろ濃いのは間違いないんよね。
それでも、トラフトンボ多数とタベサナエ三昧はチョイ意外な発見ではありましたし
アイヌハンミョウが思ってた以上に大量だったのも楽しいとこ。
ささやかなオマケも多数だったから歩いた甲斐は十分すぎましたかね。
地元は遠征ができなくなってからでも歩ける、という感覚が拭えず
(というか確実に遠征三昧はできなくなるタイミングがくるし)
地元ジックリがまだまだ十分できていないのが実情ではありますが
こういう感じで諸事情な時にじっくり歩きまわることで
少しずつ情報を蓄積していくのは楽しい限りでございます。
さて、『諸事情的GW』、ここからはこの日の反動的ムリヤリ遠征が
続いたりしますので、バカさ加減を乞うご期待で(^^)♪


次へ⇒

topへ⇒