ほぼほぼ移動日~憧れの爆湧きに~ 22.3/5

この日は普段以上にわけのわからん展開の1日となりました(^^;
本来の主眼としては、長年中途半端に終わり続けている某フユシャクを狙いに
ドカンと遠征しちゃえ、というだけのプラニングだったんですが
途中で面白そうな場所をいくつか巡って、という予定だったのが
予想外のとんでもない貧果だったり、どスッ空振りだったりで、日中はほぼほぼ
移動しただけという実にわけのわからん展開に(^_^;
メインターゲットの方は、最初はどうなることかと思ったりもしましたが
日が暮れてみると、憧れの爆湧き状態に遭遇できて
とりあえずわけわからん動きでも挑戦してみてよかったなぁと安堵する展開に。
さらに最後にひょんなことからトンボ帰りどころか長距離Jターンまでかますことになって
久々に1日の移動距離としてはなかなかの記録を叩き出したりしたのでした(笑

<1>某所

  
というわけで、少々朝寝坊気味にやってきた場所では、
最初はかなり迷走した挙句、ようやく期待のクビワキンクロに会えたのですが
かなり遠いし、逆光気味+靄かかってるし、さらに遠くに行ったっきり帰ってこないし(T_T)

  
しょうがないのであたりに咲き誇るウメ(左)を見ながら歩き回ってみると、
ピカピカの新生ルリシジミ(右)なんかを発見して嬉しくなったりもしました。

  
あたりにはトウカイタンポポ(左)もいくつかありました。
その後は艶やかに咲き誇るウメ(右)なんか見つつ粘りましたが、
クビキン君ははるか遠くをちょこまか動くばかりでどうにもならんのでGIVE UP…
んで、この後は大移動して別の場所に転戦したんですが、これが現地に着くと
狙うべきポイントがどこだかさっぱり分からなくて、かなり右往左往しただけで結局断念し、
そこからさらにドカンと大移動するという大馬鹿野郎な動き方に。
結局日中はほとんど移動してたやんかこれ(^_^;

  
んで、日も暮れなずむころにやってきた山麓では、花芽を膨らませたミツマタ(左)を発見。
あたりには大量のモミの種鱗(右)が落ちていてテンションが上がります。

  
嬉しかったのは、お久しぶりのオニシバリ(左)があちこちにあるな、
と思ったら、満開状態の株(右)もあったこと。
んで、この後はしばらくモミ林を歩き回りましたが、期待のブツは見つからず、
とりあえず日が暮れるまで林の中にひっくり返って仮眠を取ってみたり(笑

  
さて、日も暮れたので林の中をうろうろしてみますが、
最初のうちはなんか面白げなウンカ系幼虫(左)がいたり、
えらく小型のアシダカグモ類(右)に驚いたりした程度。

  
なんか可愛らしいヒメカゲロウ類(左)もいたりしました。
んで、うろうろしていると、ふいに目の前に怪しい物体(右)が…
おっしゃ!狙いのスジモンフユシャクです!来た甲斐あったぞ!

  
で、びっくりしたことに、あたりを探すと次々と出るわ出るわ、大量のスジモンフユシャクが!
あまりに強風だったんで、次々舞い飛ぶって感じではなかったんですけど、
これが爆湧き状態ってヤツですか。これはめちゃくちゃラッキーやなぁ♪

  
ホシオビキリガあたりかな?かわいらしいキリガ類(左)もいました。
雰囲気の面白いカワゲラ類(右)もチョロチョロしてらっしゃいます。

  
さらに探索していくと、いきなり交尾態も発見!!
♂が強風にあおられてえらいことなってたけど、これは嬉しいぞ!

  
と思うと、すぐ近くに♀が鎮座しているのも発見。

  
さらに探索範囲を広げても次々とスジモンフユシャク(左)が登場されて、
そこでもあっけなく交尾態(右)が見つかったりとか。

  
ひっそりと隠れている♀(左)も見つかりました。
画角がズレたけど、ちょっと羽広げた個体(右)なんかも見れたり。

  
ここでも交尾態(左)がいたのでビックリしていると、
クモの巣に複数個体がかかっている(右)のも発見。こんなクソ寒い時期を狙って
出てきてもやっぱり自然界は厳しいものなのですね。

  
などと思っていると、さらに別の交尾態もご登場。ほんまに多いなぁ。
♂は本当にそこら中にいるって感じだったし、どピークなんですねぇ…

  
少しだけ場所を変えても、やっぱりスジモンフユシャク(左)は次々登場。
なんか面白い雰囲気のクモ類(右)も樹肌を走り回っていたりしました。

  
ここでもちょっと高い位置に交尾態(左)を発見。さらにクモに捕らえられた
個体(右)を見たあたりで大満足してこの日の挑戦は終幕としたのでした。

というわけで、我ながらなかなかに意味の分からん1日でした。
結局のところ、日中のかなりの割合を高速走ってましたから本当にバカ(笑
最初のクビワキンクロは本当に強敵で、延々と遠いし
四苦八苦して反対側に行ったら速攻で逆側に泳いでいくしで
お次の場所は挑戦する隙すらいただけなかったり散々でしたが、
ようやくのスジモンフユエダシャク爆沸きに逢えたんだからもう十分ですよね。
思えばスジモンとはえらいこと長い因縁がありまして
最初に見に行った時に羽化不全の♂を1匹見つけた後、何度か挑戦は
しているんですが、延々とかすりもしなかったんですよね。
それが今回いきなり大量に見れたあげくに交尾ペアだけでも5ペアは見れたし
宿敵に勝利した感じですごくいい気分だったりするのです(笑
んで、この後はなにが起きたかというと、前回ド空振りした某珍鳥の最新情報が
師匠から届いたもんで、これはさすがに行かない選択肢はない、
ということで急遽700km半徹で突っ走って直行するという大展開に(笑
1日で1,200kmは久々のレコードでした。さてどんな展開があるかこうご期待で♪


次へ⇒

topへ⇒