計画倒れ式登山@〜どヘバリな日〜 21.8/28
  
<3>某所

  
さて、ふらふらと起き上がって、しばらくは雄大な景色(左)を眺めてから、
ヘロヘロと歩きはじめると、イワツメクサ(右)なんかを発見。

  
トウヤクリンドウ(左)も咲き並んでいらっしゃいました。開いてはなかったけど。
すっかり実になったハクサンイチゲ(右)なんかも見つかります。

  
ちょい珍品、ヒメスギラン(左)もありました。これもまた実に奇妙な雰囲気ですな。
ミヤマシャジン(右)なんかも少しだけ咲いているのが見つかります。

  
コバノコゴメグサ(左)箱のあたりにもいくつも咲いていました。
トウヤクリンドウ(右)も意外とあちこちにあるのに気付きます。

  
ちょっと面白かったのはこちら。なんだろ?と思ったら花芽状態のハハコヨモギなんですね。
しかしこのあたりになってもフラフラ状態は全然解消されず、ちょこちょこっと歩いては休憩、
という亀のごとき歩み。こりゃこのままぶっ倒れるんちゃうか(‐_‐;)

  
それでもムリヤリ頑張って歩み続けていくと、タカネヒコダイ(左)も発見。
イワギキョウ(右)も少しだけでしたが可愛く咲いている株を発見。

  
花が終わったヨツバシオガマ?(左)なんかもありました。
イワベンケイ(右)はあちこちに実をつけた株が群生してていい雰囲気。

  
ハハコヨモギ(左)はその後もいくつか見つかりました。まだ咲いてないのね・
タカネツメクサ(右)なんかもポツポツ見つかります。

  
ちょっと感動したのは、数花だけ咲き残っててくれたシロバナタカネビランジ。
これが咲き揃っている状態だとめちゃくちゃ見ごたえあるんだろうなぁ〜

  
ヨツバシオガマ(左)はまだまだ花の残っている株もいくつか見つかりました。
トウヤクリンドウ(右)も花開いている株を発見。まぁこの種類は開いてもこんなんですけど。

  
さらにミネウスユキソウ(左)やら、真っ赤な実をつけたイワベンケイ(右)を見つけましたが、
ここらで完全にギブアップ。もうダメ、これ以上マジで歩けん(T_T)
実は目的の山頂付近まではコースタイム的には後30分くらいの場所でしたが、
今は完全にコースタイムの4倍くらいのスピードでしか動けてないから、このまま進むと
確実に戻ってこれなくなる。こりゃダメだ。悔しいけど諦めよう…

  
足を引きずるように戻り始めると、足元にイワギキョウがいくつもご登場。
慰めてくれるように風に揺れていらっしゃいました。あんがとさん。

  
綿毛を広げかけているチョウノスケソウ(左)やらミヤママンネングサ(右)も発見。
んで、ここらでようやく近くの山小屋まで戻ったので、思い切って
"完全にヘバッて降りれそうにないから飛び込みで一泊できないか"、とお聞きしたんですが
「コロナの関係で事前予約以外は全部断ってるの、インナーシーツとか持ってきてないでしょ」
という実にごもっともなお言葉に続いて、
「てか最終バスは4時半くらいだけど分かってる?急がないと間に合わないよ」
というビックリなヒトコトが。すんません、調べてませんでした…
てかあと3時間チョイじゃん、ホンキで洒落になんないやん。間に合うんか(+_+)

  
慌てつつ、でも足を引きずりつつ、とりあえず大急ぎで帰路に着くと、
イブキジャコウソウがご登場。イイ雰囲気に咲いてるのは嬉しいんだけど、気が落ち着かん…

  
ちょっと面白かったのは、レンゲイワヤナギ。すっかり実になっていたけど
これまたなんとも独特な雰囲気ですなぁ。

  
すっかり花の終わったハクサンイチゲ(左)もありました。
コウメバチソウ(右)もイイ雰囲気の群落を発見。これはなかなか見ごたえあるな。

  
先を急ぐと、ふと、かなりの近距離にイワヒバリが登場されたりもしましたが、
その後はもう必死こいて一心不乱にひたすら坂道を下っていくことに。

  
ちょっと驚いたのは、山麓近くまで戻ったあたりでトラキチランを1つ追加で見つけたこと。
だけど、もう1つの大本命は探す時間すらないカンジ。これは悔しいぞぉ…

  
さらにビックリしたのは、レンゲショウマが咲いている場所があったこと。完全な自生株は
けっこう久しぶりですな。とか思いつつ、その後もひたすら必死に復路を急いで
なんとか滑り込みに近いタイミングで最終バスに飛び乗って一安堵。
でもこんなんハッピーエンドなんだかなんだかわけわからんわ、って〆になったのでした(笑

というわけで、なんとも言えん展開の1日となりました。
わかりやすく計画倒れなわけですが、それもまぁド級のヤツですわな。
なんでこんなシンドかったんだろ、ってのは後々で「そりゃそうじゃん」風の理解に
つながったりするんですが、そこはその時のネタに取っておくとして
一言で言うと、すんごい高低差のハードコースを、全く何も下調べせずに挑んでしまった
大バカ野郎の慣れの果てっていうだけのことなんですが(笑
死にそうになりながら頑張って歩き回っただけのことは一応あって、高山植物を含めた
いろんな花に逢うことができたし、想定外のトラキチランも見れたし、
そこそこ成果はありはしたものの、今回のメインターゲットなエリアというのは
山頂付近のお花畑と、山麓の林中だったので、
山頂にはたどり着けず、山麓は時間切れで探索できずの大爆死。
まぁ、最終バスまでにギリギリ降りてこれて路頭に迷わず済んだだけでも
良かったのは間違いないんですが、不完全燃焼だなぁ…
んで、この週末の本来のプランとしては、この日はこの山でたっぷり遊んで満足して
翌日は少し離れた別の山をじっくりと歩く予定だったんですが、
とりあえず車に辿り着いた時点で完全に瀕死状態で、本当に這うようにして車に入って
そのまま倒れこむように寝たので目が覚めたらすでに夜中という展開(^^;
とてもじゃないけどここから移動する元気は残ってないし、
それならばこのままここに滞在して、時間切れで挑戦し損ねた山麓部分に
リベンジマッチしてからあとはテキトーにうろうろしよう、と
一気にプランを大変更することにして、そのまま再び沈み寝たのでしたとさ(^o^;


次⇒

topへ⇒