暖めてた大企画@〜雨中盛沢山〜 21.5/15

<2>某所 続き  

  
さらに進んでいったあたりでもシラン(左)はけっこう群生していたので
花のドアップ(右)を撮って遊んでみたり。そういやアップで撮るのたぶん初だわ。

  
嬉しいことにかなり大満開状態のツレサギソウの小群落もありました。
先ほどまでの株とはかなり雰囲気が違って、これはめちゃくちゃ嬉しいですやん♪♪

  
花のドアップ(左)も正面顔からのバキバキな感じでなんともイイですなぁ。
草間にはタツナミソウ(右)なんかもいくつも咲いていてくれます。

  
ツチグリもかなり数が多くて、花の咲き残っている株も多かったんですが
雨の中なので開いていてもこの程度。まぁそれでも嬉しいけど。

  
さらに進んでいくと、フナバラソウもパラパラと登場されました。
イイカンジに満開の株(左)から、まだ花芽の株(右)まで状態も結構多様。

  
満開状態で咲き並んでいる株(左)もあったので、ついでに花のドアップ(右)
なんかも撮ってみたり。久々に逢えると嬉しくなるねぇ。

  
ホタルカズラ(左)も可愛らしく咲き並んでいらっしゃいました。
そこらにもシラン(右)がポツポツありましたが、ここらへんのは花芽ばかりだったり。
ちなみにこのあたりで予定のルートとは違うすごく大廻なルートを
とっていることが発覚してビックリもしたのでした(^_^;

  
これまたちょっと意外だったのは、草むらの中にいくつもタイリンアオイが
あったこと。カンアオイ類ってあんまり開けた場所にあるイメージないけどナァ。

  
せっかくなので花のドアップ(左)も激写してみたり。種類あってるよね?
ヤマハタザオ(右)なんかも可愛らしく咲き並んでいらっしゃったりします。

  
狂い咲きのヤマジノギク(左)もありました。こいつらは本当にイイカゲンですよね。
などと思いつつ歩いていくと、いきなりオカウツボ(右)がご登場されてビックリ仰天!

  
ハマじゃない方はな逃げに初の出逢いなので、興奮しながら
小株と並んでるヤツ(左)やら、花のドアップ(右)やらをバシバシと撮影♪♪
その後さらに探索範囲を広げては見たんですが、雨が強くなってきて
ヘロヘロになったので、さすがに諦めてお次の場所へと移動を開始。

  
んで、やってきた場所では、ワクワクしながら山道を登っていくと、
あちこちにツクシタツナミソウがご登場。ちょうど花盛りな時期なのね。

  
エエ感じの大株(左)もあったりしました。んで、ようやく到着した場所では
なんとも予想外な光景(右)が待ち受けていてビックリ仰天。
そう、ウスギワニグチソウのリベンジマッチだったんですが
まさかの花がほとんど終わっているじゃん!ええぇ〜、マジですか(T_T)!

  
しつこく探し回ると、少しだけ咲き残っている花があったので
雨風に四苦八苦しながらバシバシ撮影。リベンジ成功…とはいえんなこりゃ(^^;

  
さらにかなりしつこく探し回ると、他にもちょっとだけ咲き残っている
株があったりしましたが、これもイイ雰囲気とは言い難い感じ。

  
もう1個だけ小マシな花もあったりしましたが、これ以上は見つからず。
どうもこちらは例年よりかなり早く終わってしまったようで、う〜ん、悔しいなぁ(*_*)

  
さらに場所を変えて、これまた降りしきる雨の中尾根を歩き回ってみますが、
狙いの花はというと、それっぽい花芽がいくつか見つかるばかり。ありゃ?

  
そうこうするうちに、花のついている株をようやく発見。
狙いのウスギムヨウランです。でもたった1花。意外に手強いなぁ…

  
怪しくきらめくシーボルトミミズ(左)なんぞ見つつさらに探していくと、
ものっすごく薄暗い場所に、綺麗に開花した株(右)をようやく発見♪

  
めちゃくちゃ暗い場所で四苦八苦しながら花のアップを撮ってみますが
角度も悪くてこの程度。まぁ、でもこれだけ開いてたら充分ですよね?

  
とりあえず満足したので降りていくと、意外な場所でたっぷり花をつけた
ウスギムヨウランを発見するも、大雨の中で薄暗い場所での撮影はメチャ難儀で
ちょっとばかり不完全燃焼感満載な〆括りとなったのでした(^^;

というわけで、大雨の中ながらなかなか濃い感じだったのですが、
後半尻すぼみで微妙なエンディングとなった1日でした。
前半は、霧と雨とがなけりゃメチャクチャ楽しかっただろうナァって感じで
ずぶ濡れになったり、道がわからなくなってさまよったりもしましたが
あれこれと面白いものにまとめて逢えて興奮できちゃいましたが、
まさかのウスギワニグチソウほぼ咲き終わりはかなりショッキングでした。
例年だとGW後半で咲き始めだと聞いてたのに、今年はやたらと早かったのかな…
その後のウスギムヨウランも、簡単に見れると思ったら場所を勘違いしちゃって
薄暗くなってからようやくそれなりに咲いている場所に到着するという展開だったし。
ま、それでも両方とも一応逢えはしたし、前半戦で憧れのツレサギソウにも
きっちり逢えたし、ヒメケフシグロだ、オカウツボだ、ムラサキだと
オマケの顔ぶれもなかなかに濃かったし、十分すぎるかな?
などと思いつつこの日はさらにちょいとドカンと移動して、グングン強まる豪雨が
天井を激しく叩く音に不安になりつつ、翌日の本命企画に備えたのでした。
どんな展開が待っているかは、乞うご期待ってことで(^^)♪


次⇒

topへ⇒