予定調和な空振り〜山登りを挟んで〜 21.5/8

<2>某所 続き  

  
さて、急坂にへばりつつ、大汗かきながらさらにグングン登っていくと、
ミヤマカタバミ(左)やらタムシバ(右)やらを発見。

  
クロモジ(左)もまだいい感じに咲いていました。
メギ(右)もありましたが、これはまだ花芽でこれはこれでビックリ。

  
ブナの新芽(左)もいい感じでしたが、残念ながらコルリクワガタとかは見つからず。
なんか面白げな葉芽(右)も発見。これなにもん??

  
ミヤマカタバミ(左)はゴチャッと咲き並んでいる場所がありました。
さらに登っていくと、ダイセンキャラボク(右)なんかも見つかります。

  
道端に数株だけダイセンキスミレを発見。めっちゃ久しぶりやん。
ここから次々出てくるのかなと思いきや、この2株だけで終わったのが残念…

  
ニホンカイタチツボスミレ(左)もけっこうあちこちにありました。
ハシバミ(右)もめちゃくちゃ花盛りの株があって少々ビックリしたり。

  
さらに登っていくと、ショウジョウバカマ(左)が花盛りになってて標高差による季節感を実感。
オオカメノキ(右)もここらへんだとまだまだ固い花芽状態だったりします。

  
と、そこらでなんか怪しい樹(左)があるのに気付きます。ワクワクしながら
近づいてみると、おっしゃ、期待していたダイセンヒョウタンボク(右)じゃないすか!

  
結構まとまって咲いている箇所(左)もあったのでじっくり撮影した
あとで、花のドアップ(右)もバシバシ撮影。いやぁ、嬉しいねぇ。

  
あたりにはなんかいい雰囲気のスゲ類(左)があったり、ヤナギ類(右)が
あったりもしましたが、予想よりも時間がかかったのでここらでUターンに決定(^^;

  
と、登ってくるときには気づかなかった場所に欠航大株な
ダイセンヒョウタンボクがあることを発見。ありゃ全然気づかなかったや…

  
というわけで、再び大興奮しながらバシバシ撮影。結構花付きもよくていい感じ。
しかし一度現物見るとイメージ固まって次々見つかるって、よくあるけど面白いよねぇ。

  
さらに粘ってアレコレ撮影。だってこの時期にこの高さにある花なんて
次逢いにくる元気が沸くの、だいぶ先になりそうですもんね(笑

  
満足して降りていくと、咲き始めのオオカメノキ(左)があったり、
花芽を大量に着けたマイヅルソウ(右)があったりします。

  
スミレサイシン(左)なんかもありましたが、あとは花が終わりかけのワサビ(右)が
あったくらいで下り道ではあまり面白い発見ナシ。まぁ、けっこうヘバってましたし(^^;

  
さて、少々フラフラしつつ、とりあえず朝っぱらのエリアに戻ると、予想外にも
ヘラサギ&クロツラヘラサギが川の中州で寝ててビックリしてみたり。この時期までいるんだ…

  
あらためて水田地帯を探索していくと、すぐにチュウシャクシギがご登場。
朝っぱらは見なかったから、少しは鳥が動いてんだなぁと期待はしたんですが…

  
タカブシギ(左)もちょこまか動いてらっしゃいました。
近くには、夏羽のオグロシギ(右)が実にいい雰囲気で佇んでらっしゃいます。

  
羽根繕いしてる個体(左)やら、水浴びしている個体(右)やらも見れたので
バシバシ撮影。いやぁ、やっぱ夏羽は鮮やかすぎてステキやね。

  
さらに探索範囲を広げると、アオアシシギが何羽かまとめてご登場。
案外と風合いにバリエーションがあるもんですね。

  
遠かったけど、ソリハシシギ(左)なんかもひっそり隠れていました。
さらに探索範囲を広げるとコウノトリ(右)がいてビックリしたりもしましたが、やっぱり
最後まで某珍鳥はみつからず、綺麗に予定調和なオチとなったのでした。

というわけで、めっちゃ予定調和な1日でした。
分かる人にはわかるでしょうから書いちゃうと、狙っていたのは
ブロンズトキだったんですよね。石垣島に19羽の群れというわけのわからん
スケールで飛来してから、あちこちを移動しているんですが
ものすごく神出鬼没で定着しないんで、みんなを右往左往させてるヤツ。
今回も、広島で見つかってから2日後にはここに移動して
ここも2日でどこかに消えたという流浪っぷりだったわけですが、
悔しいことに前日の夕方までは滞在していたらしいんですよねぇ。
まぁ、でも頑張って探し回ったおかげで
あまりこの時期に見てなかったいろんなシギチの夏羽を見れましたし、
ヘラサギとかまだ滞在しているの、とかいうビックリもありましたし
ついでの登山では、ようやくのダイセンヒョウタンボクやら、すごく久々の
ダイセンキスミレやら見れたりはしたから、まずまずの成果ではあったかな。
ブロンズトキは、その後も各地を転々と神出鬼没しているようなので
どこかでひょっこり出会う機会もあるということで虎視眈々狙っておきましょう(笑


次⇒

topへ⇒