恒例的挑戦A〜豪雨一回休み〜  21.3/13

この日は怒涛の恒例的挑戦の第2日目。
もともと天気予報的にも条件最悪過ぎでとても恒例側の挑戦はできない
ということで、雨の隙間で鳥見でも、と思っていたんですが
予想以上の大豪雨続きで車中でフテ寝する時間が長くなったり(笑
(おかげで前日の寝不足が一気に解消できましたけど)
それでも意外と晴れた時間もあったのでいくつかトライはしてみたところ
大本命に設定していたブツは全く挑戦にならなかったものの
悪条件の中ながらチョコチョコと面白い成果もあり
そこそこ楽しめはしたかな、という展開となったのでした(^o^)

<1>某所

  
午前中はトんでもない大豪雨だったので、遅くまでゆっくり寝た挙句に大移動したんですが
昼過ぎに予定地に着くと予想外に雨が上がったのでとりあえず散策開始、
大量のトキリマメの実(左)なんぞ見つつ歩くと、えらい至近距離にコゲラ(右)が登場したりも
しましたが、嵐並みに風がスゴイので、カラ類の声は聞こえても姿が全然見つからん…

  
ちょいと驚いたのは、大満開のミツバアケビがあちこちにあったこと。
たしかに早春の花ではあるんですが、もうこんなに花盛りなのね。

  
早くもウラシマソウの芽生え(左)なんかもいくつかありました。
なんか面白げな花芽(右)もあったけど、これはボタンボウフウあたりかな?

  
ふいに松の木にマヒワ(左)が登場したりもしましたが、枝の裏側でこんなんが撮れただけ。
あとはえらく赤みの薄いツグミ(右)なんかもいましたが、それ以上の成果は
なかなか到来されないのでとりあえず場所を変えてみることに。

  
移動中にめちゃくちゃ雨が降ってきてゲンナリしたんですが、
到着した場所では水溜まりにウミネコの成鳥(左)と幼鳥(右)がのんびりしてたり。

  
雨がやんだあたりで、大量のカモメ類が飛び交っている一角を発見。
この場所はウミネコが多かったんですが、こういうのなかなか楽しいですよね。

  
別の場所でも強風に逆らうように大量のカモメ類が飛んでました。

  
(左)
(右)

  
なんかおもしろげな若鳥(左)をアップで撮ったりしていると、
ふいにミツユビカモメ幼鳥(右)が乱入してきてビックリするも、すぐに再び
ものすごい豪雨になってしまって大慌てで退散…

  
とりあえず雨から逃れるように小さな港をのぞきこむと、セグロカモメ系幼鳥(左)が
ぷかぷか浮かんでいたり。これはオオセグロとかになるのかな?
あたりにはスズガモの群れ(右)もごちゃっと集結してらっしゃいました。

  
せっかくなので頑張ってスズガモのアップ(左)を撮ろうとしてると、
ふいに夏羽のカンムリカイツブリ(右)も発見。すぐに逃げられたけど。

  
ワシカモメかなぁって雰囲気の個体(左)を見ていると、なんか独特な雰囲気の
カモメ類(右)も発見。嘴のパターンはあまり見覚えないけどこれなにもん?

  
と思っていると、ふいにすぐ近くにアカエリカイツブリが登場したじゃないですか!
しかもかなり夏羽に近い個体でメチャクチャきれいじゃんか!

  
さらに粘るとなんどかド至近距離にも登場はされたんですが、この頃は本当に
とんでもない強風でして、車中から撮影していたんだけど、
車がグワングワン揺れるから狙いが定まらんという(^^;
おかげで千載一遇のチャンスを大量にロスしたのが悔しい限り…

  
しょうがないので場所を変えようとすると、なぜか道端に大量のサバが落ちていて
カモメ類が集結しているところも発見。雨で荷崩れでも起こしたのかな?

  
さて、その後もじっくりと周辺を見てセグロカモメ3W?(左)やら、
オオセグロカモメ(右)やらを見たりはしましたが、面白い系のカモメは見れず。
あまりにも強風がスゴ過ぎてスコープ出しても全然役に立たなかったですし(^^;

  
なんか弱っている感じのセグロカモメ類(左)がいてビックリしていると、
さらにビックリ仰天な物体(右)が足元に転がっていることを発見。
これ、オットセイの死骸なんですね。こんなとこに打ちあがることってあるんだ…

  
ここらで移動しようか、と思ったら、ふいに晴れ間が出て、空には大きな虹が。
虹越しに飛び交っているカモメ類とか、悪くないショットですよね。

  
よく見るとその中に、ミツユビカモメの幼鳥(左)と成鳥(右)が
1羽づずつ混じっていたので頑張って狙いますがなかなか上手くは撮れず…

  
粘ると、1枚だけ幼鳥の面白げなショット(左)は撮れました。
あとはカモメ(右)も少しだけ混じっていたのでなんとかこちらも証拠写真をGET。

  
最後にもう一度オットセイのところを見ましたが、泥の中に埋もれる感じで
あまりわかりやすいショットは撮れず。いつか北海道で生きてるのに逢いたいもんで。

  
その後、再び元の場所に戻ってみましたが、アオジ(左)やツグミ(右)が登場したくらいで
カラ類はほとんど見つからず、期待していたキバラガラは空振りに終わったのでした(^^;

というわけで、なんとも不思議な1日となりました。
まぁ、そもそもがニュースでも騒がれるくらいの大嵐な日だったわけで、
ちょっとだけでも野外挑戦ができただけでも十二分だったのは間違いなしですし(^^;
歩けないくらいの豪雨や、車が揺れて撮影ができないくらいの強風も食らったし
おかげで考えたらこの日は全くデジスコ出してなかったし(出しても役に立たない)、
カモメ系もじっくり式の探索にはならなかったけど、
それでもまさかの夏羽アカエリカイツブリとか、可愛らしいミツユビカモメとか、
完全予想外のオットセイ死骸とか、いろいろ見れちゃいましたし
虹のかかる港を飛ぶカモメなんて雄大なショットも拝むことができましたし。
なによりも、前日が死ぬほど寝不足でしたし、翌日の帰路を考えると
ここで豪雨一休みというのはある意味ものすごく順調な展開なわけで
うっかり晴れ上がって1日中遊べてたらどっかでぶっ倒れてたからラッキーですよね。
さて明日はついに大本命の日、どんな展開が待っているか乞うご期待で(^_^)☆


次へ⇒

topへ⇒