ドシャ降りの鳥見旅A〜カモ三昧未遂〜  21.1/24

この日はもこれまた微妙過ぎる展開となりました。
昨日の大雨三昧と違って、少しは天気もこマシになるはずだったので
前から期待していたカモ方面を徹底探索しちゃえ、の予定としたんですが
以外と大雨の時間帯が多くて実に挑戦しにくい感じになって
ターゲットのいくつかはわかりやすく大空振り。
これだけは確実だろうと思ってた大本命は無事に見ることができましたが
それでもやっぱり雨が凄くて実に撮影しにくかったし
最後に山裾も歩いてみたものの、雨脚強まりすぎて修行状態だったし、と
前日に引き続き雨に泣かされまくった展開となったのでした(^^;

<1>某所

  
てなわけで、この日も朝からカモ方面トライアルと洒落込んだわけですが、
最初に探索したエリアは雨がスゴ過ぎて一枚もシャッター切らず、ターゲットも見つからず…
お次にやってきた小河川では睡眠中のアオサギ(左)を発見して
妖怪アンテナ風の冠羽に感動したりしつつ、のんびり歩いていくと
ヒドリガモ(右)がパラパラと見つかります。

  
ちょっと面白い雰囲気のコガモ♀(左)もいました。アメコではなかったけど。
オオバン(右)も結構混じっていてにぎやかに泳ぎ回っていたりします。

  
さて、ジックリとヒドリガモの群れを見ていくと、ふいに怪しい個体を発見。
ピンク色の胴体が実に独特ですが、アメリカヒドリ×ヒドリガモになるのかな?

  
街路樹にヒヨドリ(左)が集まっていたりもしましたが、
おもろい雰囲気の実(右)をつけていたこの樹はエンジュとかになるのかな?

  
近くでのんびりあるいていらっしゃるコサギ(左)を見ていると、
ひょっこりとカルガモ(右)もご登場されて少し面白げなポーズをご披露。

  
と思ってると、そのすぐそばにはマルガモ(左)もいてビックリしましたが、
その後も何度もうろうろするも狙いの某カモはやっぱり見つからず、
釣り青年たちが釣り上げた大きなコイ(右)を撮って引き上げることに。

  
んで、さらに大移動してやってきた場所では、強まる雨の中、
ホシハジロ(左)に混じって、アカハシハジロ(右)を発見。よっしゃリベンジ成功や!

  
結構雨脚が直手、背中に水玉を乗せた状態でしたが、
彼はえらく警戒心がなくてPowershotでしかもテレコン要らずな距離感に。

  
あまりにも嬉しいのでバシバシと大量に撮りますが、時折雨脚がバサッと
つよまったりして面倒な感じ。これで晴れててくれたら最高だったのにナァ〜

  
池の中にはバンとオオバン(左)が並んでいたりもしました。
オオバン(右)は近くでのんびりと泳いでいたりもします。

  
アカハシハジロ(左)はその後も近くを何度ものんびり泳いでくれたので
顔のドアップ(右)も撮影。うむ、いい色合い。そしていい表情。

  
彼はのんびりと羽繕いもしてくれはしたんですが、雨のせいなのか
割と短時間でやめてしまって、羽ばたきとかは見せてくれず。

  
なんかえらいド至近距離に佇んでいるバン(左)を撮っていると、
アカハシハジロ君は頭を膨らませた可愛らしいポーズ(右)に。

  
んで、いきなり羽を伸ばして(左)くれたり、ひょこっと羽繕い(右)してくれたりしましたが
その後はサービスタイム終了とばかりに池の対岸側に一気に泳いでいっちゃいました(^^;

  
カイツブリ(左)もPowershotでこのサイズに撮れるくらいの至近距離に来ました。
池淵をのんびりと歩いているバン(右)なんかにも遭遇。

  
満足したので引き上げようとすると、ひょっこりとメジロ(左)が出てきたり
ツグミ(右)がでてきたりしてくれたり、意外なオマケもちょこちょこついてきてくれました。

  
さらにせっかくだからともう1箇所山裾をあるいてみましたが、ここでは
再びかなりの大雨になったもんでかなり四苦八苦。
ルリビタキ♀(左)やら、ヤマガラ(右)やらはご登場してくれたんですが…

  
池淵ではダイサギ(左)がのんびり闊歩してらっしゃいました。
シロハラ(右)なんかもド至近距離に出てきたのでなんとかワンショットだけGET。

  
後はえらく愛想のよかったシジュウカラ(左)や、大雨に濡れ細った
ハンノキ(右)なんかを撮って、この日も早めの店じまいとしたのでした(^^;

というわけで、前日に続き雨に祟られた1日でした。
朝っぱらの挑戦なんて、本当に全くシャッター切りもしませんでしたし(笑
とりあえず大本命のアカハシハジロ君には無事逢えて、
先週のリベンジを無事に果たすことができちゃいましたし、
デジスコ要らずの近距離間での撮り放題で、すごく嬉しかったりもしましたが
その前後は大雨+ド派手な大空振りでどうにもこうにもで(^^;
特に最後の挑戦はムチャを承知でデジスコと傘を抱えたままで
頑張って山裾を歩いてみたんですが、
本命が見つかる見つからん以前に挑戦にならん、という
当然すぎる真理を痛感するという、ある意味貴重な悟りの時間でしたし(^^;
まぁ、「運勢には寒肥が効く」というのが持論ですので、
雨の中でも頑張っていろいろと走り回っておくというのは、
神様が同情して先々のどこかでラッキーをお恵みいただける、という
展開につながると信じているので、気っと無駄足ではないはずなのです。
え〜、神様、ここんとこアンラッキー分が貯まりすぎてる気がしますんで
そろそろここらでどっかんと大ヒットを一つ、お願いできませんかねぇ(^_^)?


次へ⇒

topへ⇒