怒涛のハンパ挑戦〜フル空振り〜  21.1/17

この日もまた実になんとも微妙過ぎる展開でした。
前日が諸事情で動けなかった+ドタバタで結構ヘバったので、
前から気になっていたエリアを中心にじっくり探索の予定だったんですが
意外とイージーに見つかったりするじゃない、と思ってた
ターゲットはどれもこれもきれいさっぱりと大空振り。
ここまで空振りだったら逆に最後に大ラッキーが到来するんじゃないか、
と思って最後に大逆転を狙った場所もやっぱり空振りで
徹底しすぎてむしろ清々しい、と開き直れてしまうようなストーリーでした(^^;

<1>某所

  
さて、早朝からウロウロしたのは、目星をつけていた川沿い。
薄暗いうちにのぞきこんだらヒクイナが歩いててビックリしたんですが、
すぐに引っ込んでしまって、その後出てくるのはコサギ(左)やシロハラ(右)やって感じ。

  
意外なあたりではイソヒヨドリ(左)もご登場。最近どんな環境でもいるような。
ホオジロ(右)がひょっこり出てきたりもしましたが、それ以外は妙に鳥影少ないぞ(+_+)

  
あとはコガモがけっこういて、♀(左)、♂(右)ともドアップで撮れましたが
期待していた某シギは全く見つからず。いそうな環境だと思ったんだけどナァ…

  
しょうがないのでお次の場所へ移動しようとしたら、すんごいどっさりと
実をつけたカキノキを発見。こりゃ見事だけど全然鳥に食われた形跡がないのは渋柿?

  
んで、そのまま大移動して山の上の方に行ってみたんですが、まさかの雪が残っててビックリ。
おかげで、雪上のカヤクグリは何回か撮影できたのですが、
この前の大雪の名残がここだと残ってるのか、と思ってたら、歩きはじめると
まさかの雪がちらつき始めて二度ビックリという超展開(笑

  
その後も歩いていくと、カヤクグリ(左)はあちこちで小群がウロウロしている感じで
Powershotで大量に撮れちゃう感じ。本当に今年は多いなぁ。
あとはナギナタコウジュ類の枯れ穂(右)も大量に発見。これもフトボなのかな?

  
曇天空抜けでしたが、ヤマハンノキの花芽(左)もありました。
フサフジウツギの枯れ穂(右)もこれはこれで面白い雰囲気を醸していたり。

  
おもしろい付き方をしたクリの実(左)も発見。すごくかわいいなぁ。
たっぷりと花芽をつけたアセビ(右)なんかもあったりします。

  
その後もかなりうろうろしましたが、登場するのは大量のカヤクグリ(左)と
時折ホオジロ(右)という感じで、撮り損ねたけどルリビタキが1回出てきただけ。
期待していたあたりの鳥は全部いなくなっていたようで残念無念(T_T)

  
最後にちょこっとやってきたのは、先週も来た某池。
実はここに数日前に珍カモが来たけど1日で消えたという噂を聞いていたのですが、
前半こんなにツイてなかったから、逆にこのタイミングで行ったら戻ってきてたりすんじゃない?
というバカバカしい妄想が走って足を延ばしてみたんですが、
ハクセキレイ(左)やら、オデコのスゴいオオバン(右)やらはいるものの、
そもそもカモ類が少ないというガックリな展開。ありゃりゃここまで徹底してらっしゃるのか(T_T)

  
よくよく探すと、かなり遠くにお休み中のメジロガモ(左)が。とほほ。
しょうがないので近くのユリカモメ(右)なんか見ながらウロウロしてみることに。

  
一瞬日差しが差してきたと思ったら、タイミングよくアメリカヒドリがご登場。
やっぱりこいつは頭の緑光沢が出ると嬉しくなるよね。

  
見ていると一瞬羽ばたいて(左)くれたんですが、おもいっきりはみ出して…
さらにうろうろするといいポーズをとっているコサギ(右)も発見。

  
ちょいと驚いたのはこちらのアオサギ(左)。口元に違和感を感じて
顔のアップ(右)を撮ってみると、これって舌が出てるんですね。なにがあったんだろ?

  
そのごも不思議なポーズをとっているユリカモメ(左)なんかを見ていると
ひょこっとメジロガモ(右)が近づいてきたり。おもろい表情してるやんけ。

  
幼羽が中途半端に残っているオナガガモ(左)を見ていると、
喉が白くて面白い雰囲気のヒドリガモ(右)を発見。色彩変異?なんかの雑種?

  
ふと気づくと、メジロガモはかなり近距離にやってきてくれて、いい雰囲気のショットを
何枚かGET成功。まぁ、こいつに久々に逢えただけでも来た甲斐はあったかな☆

  
アメリカヒドリ(左)もあらためてすぐ近くを泳いでくれたので、
顔のアップ(右)も撮ってみたりとか。うん、面白い雰囲気やんケ。

  
ちょいと気になったのは、近くを泳いでいたこの個体。
全体に褐色味が薄くて、アメリカヒドリ♀?とも思いましたが、調べると違いそうですな。

  
いつものアカハジロ系雑種(左)もヒョッコリ登場されました。
誰かの投げたパンをくわえた可愛いハシブトガラス(右)を撮って、この日は
少し早めの終幕。やっぱり某珍カモは戻ってきてなかったけど、面白かったからまぁイイや♪

というわけで、これまたハンパなストーリーでした。
どれかヒットするだろうと思ってたのにどれも当たらぬというのがこれまたなかなか(笑
最初の某シギはいろいろ推理して多分ここだ!とワクワクしての来訪だったのに
なかなかよさげな雰囲気なのにきれいさっぱりヒットしませんでしたし、
お次の場所は期待していたヤツラどれも全部不在な上に
まさかの雪が降ってくるというサプライズ付きでしたし。
(まぁおかげで雪上のカヤクグリなんて面白いショットは撮れたけどね)
最期の開き直っての挑戦は当然すぎる展開の空振りでしたが
それでもいくつか面白い成果があって楽しめたから
まぁある意味ハッピーエンドなのかな、とかのんびり思ってましたが、
帰宅後、某カモはほど近い公園に移動して滞在中だった
なんて情報が飛んできて愕然とするところまでが、実はセットだったりしました。
うむ、なんつうか、ワタシらしいフルスイングである意味清々しいかな(笑


次へ⇒

topへ⇒