壮絶な越年旅D〜地味花探し西編〜 21.1/1

<2>某所 続き 

  
さて、さらに結構大移動してやってきた川沿いでは、あてずっぽで降りた場所で
すごくいい雰囲気の流れ(左)を発見。あたりには実をつけたタニガワコンギク(右)もあります。

  
流れ込みの岩の角(左)が怪しいナァと思っていると、
割とすぐさまカワゴケソウの葉(右)を発見!おっしゃ、ここはすぐ見つかったぞ☆

  
あたりの岩を見ていくと、ビシッと大量の実が固まっている場所も発見。
ここまでごっちゃり実がついているって、こいつはすごいなぁ…

  
んで、こんな感じの一角も発見。供物台みたいな怪しい感じの物体ですが
これがカワゴケソウの花で、上に載ってるのが実、なんですね。

  
けっこうあちこちに花が咲いているので、頑張ってアップで撮ってみると
よくよく見るとおしべ風味のものがあるのもわかりましたが、花感はゼロだなぁ…

  
こんな感じで少し小さめで、実が全く載ってないエリアもありました。
これは咲き始めの状態ってことになるのかなぁ。

  
こんな感じで実だけがズラリと並ぶところもあったのが気になるところ。
花が終わると台座がしぼんで実だけになるってこと?

  
その後もすっごく頑張って、花とおしべのアップを撮ってみますが、私の機材ではこれが限界。
しかし、独特過ぎる雰囲気ですよねぇ。知らなかったら顕花植物とは到底思えないよなぁ…

  
こんな感じで流れの脇がごちゃっとカワゴケソウに包まれている場所(左)も
けっこうありました。ちなみにここは実がごちゃっと(右)ついていたりとか。

  
こんな感じで、たくさんの葉がついている場所もありましたが、あらためて痛感したけど
カワゴケソウ類は黒っぽい石の上だと写真の撮りようがないですね。すっげぇわかりにくい…

  
とりあえずこの日の目標は一通り終わったので、夕刻近くになりましたが
昨日の場所にリベンジマッチをしかけることにすると、いきなりアマサギ(左)を見つけてビックリ。
数ショットで飛ばれちゃいましたが、このあたりだと越冬してたりするんですか?
あたりではマナヅルのご家族(右)がのんびりとお食事中。正月にふさわしい風景やな。

  
この日もカルガモの大群(左)はにぎやかに飛び交っていらっしゃいました。
うろうろしていると、チョイと距離はありましたが、オオハクチョウ幼鳥(右)もいてビックリ。

  
うろうろしていると、この日もクロヅルがかなり近距離でヒョッコリ登場したりしましたが
地元の方と話していると「今日は某ツルは完全行方不明なんだよね、どこいったんだか」
と言われてしまって、あまりにお約束過ぎる展開に笑っちゃったりとかも(^^;

  
しょうがないのでうろうろしていると、ミヤマガラス(左)の群れの中に
今日もコクマルガラス(右)を見つけましたが、白色型は本日はご不在…

  
この日はえらくにぎやかにツル類が飛び交っていたので、しばらく飛翔写真に挑戦。
といってもなかなかいい雰囲気には撮れませんでしたが、撮ってるだけで楽しくはあるよね。

  
その後もうろうろと探し回ると、やっぱりこの日もクロヅルに何箇所かで遭遇。
今まで来た時より遭遇率はるかに高いんだけど、村だけ丁寧に探したってことですよねぇ…

  
ビックリするぐらい黒々とした塊が上空を待ったのでなんじゃこりゃ、と
思ったらカラスの大群だったという一幕も。なんで高い場所で密集してんだ?

  
日が傾き始めた頃にもしつこくウロウロしていると、水田の中にヘラサギを発見。
これまたえらく近距離でのんびりしてくれているのでバシバシと撮影☆

  
電線にニュウナイスズメの大群が集まっているのにも遭遇しましたが、
曇天空抜けで真っ暗け。しかもデジスコ向ける前に飛ばれちゃったし…

  
その後もさらにうろうろすると、可愛らしいカナダヅル幼鳥なんかにも逢えましたが、
日が沈むまで粘ってもやっぱり某ツルは見つからずの終幕となったのでした(^^;

というわけで、面白&地味い年明けとなりました。
新年一発目からカワゴケソウ探しとか、ど真ん中にアタマ悪いですよね(笑
とりあえず西側探索では、意外とさっくりと狙いの種類を見つけることができたので
(といってもマノセカワゴケソウは見つけられませんでしたけど)
まずまずは首尾よきスタートといえなくもないかな、って感じでしょうか。
しかし、本当に面白い植物で、これで顕花植物ってホンマかいなって言いたくなりますね。
どれが葉でどれが花なのか、帰宅したあとで図鑑をじっくり見てから
ようやく理解できたくらいのわかりにくさですし…
この時期はまだ花やら実やらがあるけど、葉だけの状態だったら
そしてそれが黒っぽい石の上だったら、ぜったいに見つけられない自信があります(笑
花のない時期に分布調査とかしている方々って本当にすごいなぁ…
最期の鳥方面リベンジマッチは、もののみごとな予定調和でむしろ大団円とすら
思える展開だったのも、なんつうか、ワタシらしくてエエ感じ。
なんやかんやと総合すれば、まぁ年明け一発目の挑戦としてはふさわしい感じだったかな〜
んで、この日は夜に高速道路情報を調べていたら、ようやく山口県内のチェーン規制が
解除されたことを発見。荷物処理等々考慮すると早めに帰っておく必要もあり
翌日が旅の終幕日となることが決定した、そんな展開でもありました☆


次⇒

topへ⇒