秋晴れの空の下〜水辺と海辺と〜 20.11/14

<2>某所 続き 

  
さて、のんびり歩いていくと、セスジハリバエ(左)がひょっこりご登場。
ヒメミズワラビ(右)はある場所にはゴチャッとまとまって見つかったりします。

  
林縁にはヤツデ(左)も咲いてました。そっかコイツを撮る季節になったんだなぁ…
肝心のアカネ類はというと、やっぱりアキアカネ(右)だけがひたすら登場する感じ。

  
ミズ(左)がずらっと並んでいる場所もありました。すっかり実になってたけど。
こちらもごちゃと実をつけているホシアサガオ(右)なんかも発見。

  
キカシグサ(左)やら、シャジクモ(右)やらってあたりもありました。
そういえば夏に来たことないけど、その頃だと湿生植物が楽しかったりするんかな?

  
その後もじっくり歩いていきますが、ひだまりにたまっているのも
やっぱりアキアカネ。♂(左)も♀(右)もいましたが、他の種類は何でおらんねん。

  
ハネナガイナゴ(左)も近くでノンビリひなたぼっこをしていたりしました。
あとは可愛いマルバコンロンソウ(右)を撮ったあたりでこの場所での挑戦はGIVE UP。

  
さて微妙に時間が余ったので別の海岸へ移動しようとすると、
ハナイソギク(左)やらイソギク(右)やらが植えてある場所を発見。

  
実をたっぷりつけたイソスミレ(左)も植えてありました。
海岸を歩いてみると、波打ち際すぐ近くの岩上に地衣類(右)があってビックリ。
こんな場所にも地衣類は生えるんですね。

  
さて、浅瀬を歩いていくと、いきなりサザエが何匹か闊歩していてビックリ。
こんな浅い場所でのし歩いてらっしゃったりするもんなんですね。

  
大きなヨモギホンヤドカリ?(左)ものしのしと歩いていらっしゃいました。
岩上にはなんか面白越えな海藻(右)も発見。ホソジュズモとかかな?

  
少し深めのあたりをのぞきこむと、ウミトラノオがごちゃっと群生してましたが、
ここで突然の大波に両足ずぶ濡れというお約束な展開をきっちりこなしてみたり(^^;

  
そのあたりでもサザエ(左)に再会しました。こいつはえらくすっきりした殻やな。
ヨモギホンヤドカリ?(右)も小さな個体に再遭遇。

  
少し場所を変えるとオオバモク?(左)も見つかりました。
砂浜を歩いてみると、ハマニガナ(右)も可愛らしく咲いててくれます。

  
さらにうろうろすると、ハマベノギクもけっこうあちこちで発見。
盛りは過ぎた感じでしたが、やっぱり会えるだけでなんだか嬉しくなる花ですね。

  
あたりに大量にある貝殻が気になったのでしばらく集めてみると、
フトコロガイ(左)やらチャイロキヌタ?(右)やらがやたらと多数。

  
コタマガイ?(左)やらムラサキインコガイ?(右)なんてあたりもありました。お名前あってる?
あとで調べるとこの場所は微小貝でも有名なんですね、そっち狙いで再訪しようかな。

  
ここでも打ち上げられたエボシガイ(左)を発見。
この子はまだ元気で触手を延ばして(右)いました。本来は柄は黒色のようなので
朝見つけたヤツはそこが死んで伸び切ってたんですね。

  
などと思いつつふと足元を見るとなんか怪しい物体(左)が。
なんじゃこりゃ、とおもって拾い上げると、いきなりまん丸に膨れた(右)じゃないですか!

  
慌てて海水で洗ってあげると、それはなんとハリセンボン類だったのでビックリ。
針が短いからイシガキフグかな、と思ってたんですが、あとで調べると
これはメイタイシガキフグになるんですね。ここらへんにも分布してたんや…

  
水の中にリリース(左)してあげましたが、弱ってる上に膨らんだままなので
この状態で漂って、再び打ち上げられる繰り返し。せっかくなので針のドアップ(右)
なんか撮ってから、彼の再起を祈りつつ、この日の挑戦を〆としたのでした。

というわけで、なんやかんやと面白い1日でした。
この日は夜がメインのつもりだったので、昼間はちょこっとだけ歩いて
万が一飛来アカネの生き残りでも見つかったら面白いよな、ってぷラニングで
やっぱり予想通りに飛来アカネは空振りだったけど
予想外の面白い出逢いが結構続いたのが面白い限り。
ここんところ磯方面の挑戦もあまりやらなくなっていたけれども、
海岸のんびり歩く生きもの探しは、普段逢えないヤツラに逢えるのと、
完全予想外が必ず起きるから楽しいですよね。
最期の散策なんて、なんもないだろうけど久しぶりに歩いてみよう、
って程度のものすごいいい加減な理由の挑戦だったけど
サザエごろごろから続いての、まさかのメイタイシガキフグでしたから♪
文中にも書きましたが、この場所は微小貝探しで近日中に再挑戦するつもりです〜
ちなみにこのあと計画通り、大移動しての夜遊びに向かったのですが
よく考えたらそうだわな、ってくらいに大距離の移動になって
到着が真夜中になったのはご愛敬。もうちょっと計画的に生きてかなきゃなぁ(^^;


次⇒

topへ⇒