大迷走お盆後半C〜ドツボな迷走〜 20.8/16

<2>某所 続き 

  
さらに歩いていくとガレ場に出たところで、真っ赤なフジイタドリ(左)に遭遇。
メイゲツソウってやつですよね。ここまで色鮮やかだとすごいなぁ。
あたりには実をつけたシロバナヘビイチゴ(右)なんかもありました。

  
怪しい葉(左)が次々出てきたので、これはムラサキモメンヅルかと期待したら
その正体はイワオウギ(右)で二度ビックリという展開も。そっかここらにもあるのか。

  
花のドアップ(左)も撮影してみたりしましたが、周辺の株を見ていくとほとんどが
花が終わりかけで実をつけはじめた(右)状態。咲き残っててくれただけラッキーかな。

  
あたりにはイワツメクサ(左)も咲き残っていてくれました。
さらにそのあたりでもタカネフタバラン(右)は次々とご登場。多いなぁ。

  
と思っていたら、少し薄暗い場所にあったのはなんとヒメミヤマウズラ。
今まできちんと認識したことがなかったので、今回ぜひ見たかった花なんです。
ちょうどわかりやすい華奢さで可愛らしくてイイですな〜♪

  
花のアップ(左)も撮ってみますが、小さすぎてこんな感じ。
さらにあたりを探すと他の株(右)もいくつか見つかりました。CUTEやね♪

  
さらに歩いていくと、えらくひょろ長いシャクジョウソウ(左)が再びご登場。
イワオウギ(右)も意外な場所でひょっこり見つかったりしました。

  
さらに歩いていくと、チョイと面白い環境に出たんですが、
そこではいきなりヒメシャジンがいくつもあってちょいと興奮。こいつは可愛い♪

  
あたりにはえらく大柄なヒメミヤマウズラもありました。さっき見た株とは
全然雰囲気が違うけど、これもヒメですよね。意外にバリエーション豊富なんやな。

  
さらに驚いたのは、ちかくにあったヤマホタルブクロ。
ほとんどが地面から直接花を咲かせていて、葉もほとんどないんです。
せっかちにもほどがある気がしますが、この状態で成り立っていること自体がすごいよな。

  
なんか面白い感じの赤い実をつけた低木(左)もありました。これなにもんだっけ?
タカネフタバラン(右)はこのあたりでもあちこちにいい雰囲気の株が見つかります。

  
まだまだ芽生えたところという雰囲気のミヤマウズラ類(左)もありました。これもヒメミヤマウズラ?
コバノイチヤクソウ(右)もほんの数株でしたが可愛らしい咲き残りが見つかります。

  
さらにうろうろすると、けっこうあちこちにヒメミヤマウズラらしきものはありましたが
ほとんどがまだ花芽状態。時期的には今からが旬になるのかな。

  
ハクサンシャクナゲ(左)はここでもいい雰囲気に咲き残ってらっしゃいました。
ヨコヤマヒゲナガカミキリ(右)もひょっこりご登場。そういや久しぶりやねキミ。

  
さらにうろうろしていると、ついに見つけました。お久しぶりのムラサキモメンヅル。
やっぱこの場所に来たからにはコイツに逢いたかったんで、かなり感激です♪

  
可愛かったのでアップをもう数ショット載せてしまいましょうかね。
花に逢うのはおそらく20年ぶりくらい。いやぁ、ホンマ嬉しい限りでございますな☆

  
フジハタザオ?(左)も咲き残りという感じの花が少しだけありました。
ホソバキリンソウ(右)なんかもいい雰囲気に咲いている株を発見。

  
ちょいとおどろいたのは、小さな水場に鳥が集結していたこと。
ウソ(左)やルリビタキ(右)やらいろんな鳥が来訪されててたんですが、気付くのが遅れたもんで
撮れたのは数ショットだけ。しまった、じっと待ってたら楽しかった感じだなぁ〜

  
なんかよくわからないセリ系の花(左)もありました。これったなにもんかな?
高い梢ではありましたが、ひょっこりとホシガラス(右)が登場してくれたりもします。

  
さらに探索範囲を広げると、そこでもヒメミヤマウズラ(左)はご登場。
すっかり実になったコイチヤクソウの群落(右)もこれまたいい雰囲気です。

  
エゾスズラン(左)もありました。まだ今から咲く感じなのね。
さらに小ぶりな感じでしたが、タチコゴメグサ(右)も発見。これタチでいいんだよね?

  
さらに周辺をうろうろすると、結構大柄なタチコゴメグサがパラパラ見つかりましたが、
のんびり歩いてると時刻表より10分くらい早くバスが通った上に、それが最終バスなはずだったので、
パニックになって大絶叫しながら突っ走ってムリヤリ止めると、それは本来この場所に
停車しないはずの別のバスで大恥をかくというステキな落ち着きとなったのでしたとさ(笑

というわけで、かなり大迷走でしたが、楽しめた1日でした。
まぁなんといっても、もんのすごく久々にこのエリアを訪れられたことが嬉しかったかな。
いきなり初手で道を間違えてスタートがかなり遅くなったり
(おかげで別の面白い草地にチョイ立ち寄りできたりもしたんですが)
コースもちょっと予想外な動き方になったりもしたし、
最後は全然別のバスを全力疾走で呼び止めて恥かいたりと盛りだくさんでしたが、
そのおかげで、予想以上にきっちりと、
タカネフタバランやらヒメミヤマウズラやら、ムラサキモメンヅルやら
といったあたりに出会えたのも本当に面白い限り。
このエリア、あとで調べると、さらにじっくりと探求すると他にも面白いものが
いくつも登場されるみたいなんで、また再挑戦しなきゃ♪
ちなみに、この日の最後の大教訓は…
「5万歩歩いた翌日に死ぬほど山を歩き回ってからの長距離運転の帰路はツラい」
ということで、本気でヘロヘロ、魂が抜けそうになりながら
なんとか帰路を運転しきって期間を果たしたのでした。
イイ子はぜったいにマネしちゃだめだからね!おじさんとのお約束だよっ(>_<)!


次⇒

topへ⇒