怒涛の四連休C〜はっぴぃえんど〜 20.7/26

<2>某所 続き 

  
さて、ここで某氏と別れて別の場所に移動しようとしたのですが、
急に晴れてきたのが気になったので、朝イチにいた場所にとんぼ返りしてみたら、
山の上はやっぱり濃霧+雨の中でちょいゲンナリ。なんかずっと降ってたっぽいぞこれは…
それでも歩いていくと、ツキヨタケ?(左)やら、オオオニテングタケ(右)を発見。

  
んで、あまり期待せずにオニコナスビの場所を再訪してみると…
ありゃ!花が開いている株があるじゃないですか!

  
興奮しながらさらに探し回ると2株ほど他にも開いている株を発見。
晴れ間が出たら開くんじゃないか→ありゃ山頂はずっと雨だったぽいぞ、からの
逆転ホームランというのはなかなか面白い感じでしたが、まぁ粘り勝ちではありますな(笑
  
満足して引き上げようとすると、コケイランモドキの実(左)を発見。
まだ花から実になりたてな感じの物件(右)もあったけど、これもコケイランモドキ?

  
たっぷり実をつけた大株(左)もあったので、薄暗い中で四苦八苦しながら
ドアップ(右)も撮影。来年は花盛りの頃にも再訪したいね。

  
その後はラストチャレンジということで、再び大移動してやってきた森では、
岩壁に集まっているモンキアゲハ&カラスアゲハ(左)がいたり、
なんか面白い雰囲気のマイマイ類(右)がいたりしました。

  
んで、めちゃくちゃビックリしたのは、道端に逢ったウスキキヌガサタケ。
実はこいつを探しにほかの山に行くかどうか悩んだあげくにこちらに来たんですが
この場所で逢えるなんて。んでもって、夕刻近いのにまだ形を残してくれてるなんて!

  
せっかくなのでもう1枚掲載。う〜ん、なんともイイ風情やん。
などと思っていると、花の終わったマヤラン(右)なんかも発見。

  
と思っていると、1株だけでしたが、咲き残りのマヤランにも遭遇。
さすがに時期的に厳しいだろうなと思っていたので、これまたラッキーですな。

  
んで、さらに歩いていくと、ようやく狙いの物体を発見。
こちらも大珍品、ツキヌキオトギリです。こいつはまた嬉しいですな。

  
あたりを探してみると、予想以上に株数が多くてびっくり。
花は終わってすっかり実になってる株ばかりでしたが、面白い格好ですやん。

  
んで、じっくり探していくと、花が1つ咲き残っている株(左)があったので
頑張って花のドアップ(右)も撮影。よかったギリギリセーフですな。

  
1つだけでも見れてよかった、と思いつつ引き上げようとしたら
さらにいい雰囲気で咲き残っている株を発見。これはメチャクチャ嬉しいやん♪
いやはや、昨日・今日とラッキー三昧なのに、最後にこんなハッピーエンドなんて、
気をつけんと帰路で事故かますな、とドキドキしていたら、
この直後にすんごい大豪雨が襲来。傘も持ってなかったので、全身濡れネズミに
なりながら延々1時間くらい林道を歩くというエンディングになったのでした(笑

というわけで、これまたミラクルな1日でした。
まぁ、なんといっても、ハツシマランですよね。本当にまさかの遭遇。
イマイチ不確実な情報でやってきた場所だったんですが、
前日に小耳にはさんだ噂話と、ネットから拾った文言を掛け合わせて
ありそうな場所の推理をいろいろ働かせていった上に、
その場所で発見した実に面白い雰囲気のヒントと、ちょいとした作戦で
首尾よく発見したあげく、周辺を探したらかなり想定外な場所に
いくつか群落が見つかったのとか本当にビックリ仰天。
本当にこんなミラクル過ぎるストーリーってあるんですねぇ……
ご一緒いただきましたTさん本当にありがとうございました!
そこからのリベンジマッチでのオニコナスビもミラクルな展開でしたし
(晴れてなかったのに開いてたのは意外でした)
そこからのまさかのウスキキヌガサタケはあまりにもミラクルが過ぎましたし、
場所だけ確認できればと思ってたツキヌキオトギリも
まだ悪くない感じの花が残っていたりと、本当にステキな展開続きでした。
きっちりと最後に大雨のオチがついて安心するあたりもある意味ミラクル展開。
神様、わかりやすい帳尻合わせをどもありがとやんした(+_+)


次⇒

topへ⇒