上を向いて〜見上げただけの日〜  20.7/18

この日は実にビミョーな1日となりました。
所用があって昼前から挑戦になってしまったんですが、
前々から憧れだったこれまた大珍品の花を探しに意気込んで挑戦するも
ひたすら上を見上げまくって首が痛くなっただけで
本命はさっぱりかすりもしないという歯痒い展開に…
お次の所用ついでにもう一箇所巡ってみると、こちらも花盛りではあったけど
高すぎて不完全燃焼、というこれまたなんともしんどい展開。
悔しいので夜には大移動して別方面の挑戦にもトライはしてみたものの
これはさらにそれに輪をかけたスッ空振りっぷりで
全体的に徒労感が色濃く残る1日となってしまったのでした(^^;

<1>某所
 

  
というわけで、とりあえず最初の目的地に移動中、昼食に立ち寄った場所で
いきなり飛んできたミズカマキリ(左)が体にぶつかって落ちるという不可思議ショーが発生。
街中でミズカマキリにぶつかられた経験ある人ってレアじゃない?
んで、狙いの林を歩き始めると今度はカマドウマ類(右)が衝突。クラミズウマあたり?

  
足元にはなんか美味し気なキノコ類(左)もありました。チャタマゴタケあたりかな?
サワギク(右)もパラパラとですが咲いていてくれたりします。

  
さて、この場所の狙いはとある珍系の着生ラン。ということで
頑張って上を見上げてうろうろしますが、みつかるのはミヤマノキシノブばかり。

  
足元にある可愛いキノコ(左)にほっこりしながら、ひたすら上を探していくと、
高かったけど、スギラン(右)も発見。そういや見るのすごい久々だなぁ。

  
んで、チョイと意外なあたりではヤシャビシャクなんかも発見。
残念ながら実とかありませんでしたが、ここらで逢うのはお初で嬉しいね〜

  
なんか面白げなヤスデ類(左)が樹肌を歩いていらっしゃったり、
これまたいい感じのザトウムシ類(右)がいたりもしますが、
見つかるのはこういった類で、イイ感じの甲虫とかは皆無。むむむ。

  
あたりの樹には一面のシノブ(左)が着いていてなかなか勇壮なんですが
かなり粘れど、真っ赤に色づいたオオカメノキ(右)が見つかったくらい。

  
大量の実をぶら下げたサワグルミ(左)なんかを見つつ頑張ると、ようやくはるか高くに
怪しい物体(右)を発見しましたが、よく見るとこれもシダ類?ホテイシダとか?

  
ふいに足元でヤマカガシ(左)がこちらを見上げていたりもしました。
その後も粘ると、かなり大株なスギラン(右)が見つかりましたが、期待していた
某ランはさっぱり見当すらつかず、スゴスゴと敗退。こいつは悔しいナァ…

  
んで、所用前にちょっと立ち寄ったのは、お久しぶりのヘラノキ。
この前は完全花芽状態だったのでちょうどいいかなぁと思ったらちょうど満開じゃん!

  
大喜びでバシバシと撮影しますが、この場所は花が結構高いので
テレコン使ってもこんな感じ。う〜ん、もうちょっと手近で狙いたいぞ〜

  
それでは、ということでこの前見つけた手近な花の場所に行くと…
ありゃ、こちらはほぼほぼ完全に終わってんじゃん。こりゃ残念。

  
さらに頑張って探し回りましたが、少しまし(左)なのがあった程度。
少し離れた場所の株(右)も大満開でしたが、これはこれ以上近づけんしなぁ…

  
しょうがないので最初の株に戻って、いろんな角度から頑張って
分かりやすいショットを工夫。とはいっても代わり映えしないなぁ…

  
最後は真下からあおるようにしてバシバシと撮影。これはこれで迫力だけど。
う〜ん、もうちょっと近くで花のドアップをビシッと撮りたいなぁ…

  
その後は、悔し紛れにと前から挑戦してみたかったエリアへ
大きく移動してみると、いきなりルリセンチコガネ(左)が落ちててビックリしたんですが
目星をつけていたエリアは夜景スポットになっていてカップルだらけで
散策のしようがないというどうにもならない事実を発見。
脱皮中のニイニイゼミ(右)は見つかったんですけど、こりゃダメだ…

  
探索範囲を広げるも、ヒメバチ類(左)がいたり、翅を伸ばしているニイニイゼミ(右)が
いたりしただけで、期待していた大珍品どころか樹液に来る虫の時点で何一つ見つけれず
最後の最後まですんごい不完全燃焼状態の終幕となったのでした。

というわけで、なんとも不完全燃焼の1日となりました。
まぁ、最初の狙いの某着生ランは強敵なのはわかっていたんですが、
それでもピンポイントに近い情報をもらえたので、粘ればなんとか、と思ったんですが
どこにあんだかさっぱり想像すらつかず、という感じでしたから(^^;
それでもスギランにヤシャビシャクと面白い発見はけっこうありましたし、
とりあえず来シーズンもあらためてリベンジマッチに来訪するしかないですね、
お次のヘラノキも時期的には良さそうなのに手近な花は全部終わっててハンパだったし、
なんといっても最後のアディショナル・チャレンジが手厳しかった。
エリアだけしかわかってないものに挑戦したのがわるかったんですが、
行きゃ何とかなるだろう精神で突撃してみたら夜景見物のカップルだらけってのは
単なる空振り以上に精神的にくるもんがありますな(笑
こちらも来シーズンまでにじっくりと面白そうなポイント情報を深堀しておいて
ばっちりリベンジをかませるように頑張るぞっと(>_<)!


次へ⇒

topへ⇒