楽しき迷走Day〜縁ゆえの挑戦〜 20.6/13

この日はこれまた面白い挑戦となりました。
先週の濃密な成果に気をよくして、そういえば同系統のアイツも
見てみたいな、というシンプルな理由の挑戦だったのですが
ありがたいことにこれまたビックリ仰天な情報が
とある方向から飛んできたので、併せて挑戦することにしてみると
まさかの濃密な展開になってこれまたビックリ。
しかし、当方の理解力不足および方向感覚欠如ならびにスマホの不調
等々によって、完璧にバカバカしい迷走を数幕
繰り返すことになって、ムダに全体力を使い切るハメになりましたが
それでも全体的にめちゃくちゃ濃密な1日となったのでした♪

<1>某所

  
さて、気合を入れて早朝からウロウロすると、アオテンナンショウ(左)に続いて、
まだ花芽でしたがヤハズアジサイ(右)なんかを発見。

  
ヤブウツギ(左)はあちこちに点々と咲いていらっしゃいました。
コナスビ(右)もなんか妙にかわいらしく群生していたのでついでにパチリ。

  
んで、お次の場所では、歩きはじめるとすぐに登場されたのはジンリョウユリ。
長らく憧れだったんですが、なんともはや清楚な感じがステキすぎますやん♪

  
さらに歩いていくと、いきなりイチヤクソウの大群落にも遭遇。
これがまたちょうど花盛りで、なんとも見ごたえがあるじゃないですか♪

  
さらに、これまた可愛らしい状態のミヤマヨメナ(左)も発見。
意外と咲きはじめでしたが、クモキリソウ(右)なんかも見つかったりします。

  
心臓が止まるかと思ったのは、いきなり目の前から飛びあがったヨタカ。
藪の中に着地(左)されて、そのまま山の中に消えちゃいましたが、
これは近くに巣があるんですよね。ああ、まともなショットが撮りたかったなぁ…
あたりにはホシミスジ(右)もやたらめったら飛び交っていました。

  
んで、林縁を歩いて行くと、あっけなく目的のチャボシライトソウ(左)を発見!
ドアップ(右)でも撮ってみましたが、軸の紫色が妖艶で面白いですやん♪

  
すっごい花盛りな感じの株(左)もありました。
せっかくなので上からのドアップ(右)も撮影してみたり。おもろい風情やな。

  
さらに探索範囲を広げると、予想外のヤマトキソウ(左)にも遭遇。
チャボシライトソウ(右)はあちこちで見つかりますが、咲き始めということか
それともこの種類はそういうものなのか、なんか花がスッキリまとまらん感じ。

  
ちょいと色の濃い感じのジンリョウユリ(左)にも遭遇したりしました。
林の中を歩いてみると、すっかり実になったヒトツボクロ(右)なんかも見つかります。

  
チョイと薄暗い場所でしたが、すごくわかりやすいチャボシライトソウ(左)があったので
ついでに葉のアップ(右)もバシバシ撮影。模様がメチャ可愛いよね☆

  
さらに別の場所でもヒトツボクロ(左)を発見。やっぱり花は完全終了…
近くにはチャボシライトソウ(右)もありましたが、えらく花弁がまばらで怪しい風情。

  
すっごく咲き始めの、棒みたいな感じのチャボシライトソウ(左)も。これはこれで面白い。
結構大柄な感じのヤマトキソウ(右)も発見。なんかトキソウとの中間型みてぇやな。

  
チョイと気になったのは、軸が紫じゃなくて緑色のチャボシライトソウもあったこと。
これは素芯ってことなのか、それともよくあるバリエーションなのか…

  
さらに探索範囲を広げると、そこにはものすごい濃色のジンリョウユリが!
バリエーションが豊富なのは知っていましたが、こんな濃いのもあるんですか!

  
すっごく清楚で可愛らしい雰囲気の株(左)もありました。
ああたりにはなんか面白い雰囲気のカメムシ類(右)も登場。これなにもん?

  
さて、その後は付近の山の中を歩いてみることにすると、エビネにしては細長い葉(左)を発見。
ナツエビネの若い株だったりするのかな?
淡色に濃い線が入っている面白いオオバノトンボソウ?(右)なんかもありました。

  
探していくと、ヒトツボクロは次々とご登場されたのですが、残念ながら
花の残っている株は皆無。まぁこの時期だと遅すぎるのかな。

  
さらに山中を歩いてくと、可愛らしいタツナミソウ類にも遭遇しました。
場所と雰囲気的にデワノタツナミソウかと思いましたが、調べるとこのあたりには
分布していない様子なのでこれってなにものになるのかな?
しかし、この後、全く予想外の悲劇が到来。
山道結構荒れてるなぁと思いながら、もと来た方面に戻っていったんですが、
途中で戻る道が完全にわかんなくなって完全遭難状態に(^^;
しょうがないのでムリヤリ山すそまで降りてみたら、予想とは全く違う場所で
道のない沢沿いを延々歩いて体力を使い果たすというムダな展開になったのでした(笑


次へ⇒

topへ⇒