春の高原堪能〜ミラクルな成果〜 20.5/17

<2>某所 続き

  
さらに探索範囲を広げると、アケノボスミレ(左)はポツポツとご登場。
あたりにはヒゴスミレ?って感じの葉(右)がまとまっている場所もありましたが、花は皆無で…
#右はエイザンスミレではとの指摘がありました。たしかにヒゴにしちゃ太いかな。

  
んで、よくみると、その中の一角に、えらく紫色味の濃い感じのツボスミレが
まとまって生えていることに気づきます。こいつは面白い雰囲気やぞ?

  
花のアップ(左)を撮るとこんな感じ。ムラサキコマノツメというにはあと一歩不足かな?
あたりにはモモブトカミキリモドキ(右)がやたらと集まっていたりします。

  
と思うと、ぱっかりと花開いたヤマシャクヤク(左)を発見。ここに集まってきたのか、
とか思っていると、そこに再び怪しい物体(右)を発見!

  
そう、まさかのフタスジカタビロハナカミキリとの再会だったのです。
先ほどの個体はじっとしてたけど、今回は気温が上がったからかメチャ元気ですやんか。

  
彼は花の中心部をせっせと歩き回るので、本当に影が薄くなりそうなくらいバシバシと撮影。
模様をよく見ると、上側の斑点が小さいし、朝っぱらの個体とは別なんですね。

  
あまりにも嬉しかったので、あと2枚ほど載せさせていただきましょうか。
今までけっこうあちこち行っては総空振りくらっていたのに、いきなりの連続遭遇。
まぁ、逢える時はこんなもんなのでしょう。次はまた10年後とかなのかな(笑

  
大満足したので場所を大きく変えて散策することにすると、
いきなり愛を語らっているハバチ類(左)を発見。クロムネアオハバチになるのかな?
この場所ではトチノキ(右)は少しずつ花をつけ始めている感じ。

  
のんびりと散策していくと、咲きはじめのナナカマド(左)があったり、
これまたエエ感じに満開のウワミズザクラ(右)が見つかったりします。

  
うろうろすると、お久しぶりのツルタチツボスミレも発見。
すごくレアなイメージが強かったんですが、このあたりはけっこうあちこちに群生していました。

  
なんか面白げなスミレ類(左)も。サンインタチツボスミレでもなさそうだし、なにもの?
チョイと意外なあたりでは、オオバミゾホオズキ(右)にも遭遇したりしました。

  
サンインシロカネソウはまだまだ元気な群落が多数あって嬉しい感じ。
この手の花って短命なイメージですが、意外に長い間咲いてるんですね。

  
スミレサイシン(左)もパラパラありましたが、さすがにくたびれた感じ。
などと思っていると、少し高い位置でしたが、サンカヨウの大群落(右)まであるじゃないですか!

  
せっかくなので頑張って望遠で花のアップを切り取ってみたりとか。
すっごい花盛りではありますが、いまいちわかりやすい感じには撮れないね〜

  
さらに、これも高い位置でしたが、オオイワカガミ(左)も発見。
数は少なかったですが、フデリンドウ(右)もポツポツと見つかったりします。

  
ミヤマカンスゲあたりかな?いい雰囲気のスゲ類(左)も大満開でした。
サンカヨウ(右)は少し離れたあたりでも面白い咲き方をしている株を発見。

  
草地の中をじっくり見ていくと、ホコバスミレ(左)に混じって、
なんか怪しげな株(右)も発見。これはホソバキリガミネスミレでいいのかな?
#右はコマガタケスミレ(フモトスミレ×スミレ)だそうです。意外でした…

  
サルマメかサルトリイバラか判断に悩む花(左)もありました。サルマメでいいのかな?
あたりにはフモトスミレ(右)も少しだけでしたが咲いていたりとか。

  
さらにホコバスミレ(左)なんぞ見つつ歩いていくと、その近くに怪しい物体(右)。
う、うわっ!まさかのホソバシロスミレじゃないですか!

  
実はこの場所はこいつを見るための下見で来ていたんですが、こんな早くから
咲いている株が見れるなんて完全予想外でビックリ仰天しつつ、
じっくりバシバシと撮影しまくって、大満足の〆括りとしたのでした(^。^)♪

というわけで、なんとも濃い展開の1日となりました。
まぁ、とりあえず咲いているヤマシャクヤクが見れればいいかな、
って程度で、あとはあまり期待もせずにウロウロというプランだったんですが、
いきなりのフタスジカタビロハナカミキリとの遭遇、
さらにそれもそのあとで2匹目にも逢えちゃったりとのミラクルでしたし、
お約束のアケボノスミレとサクラスミレだけじゃなくて
なんだかおもしろい感じの雑種スミレにも逢えちゃったりしたし、
場所を変えた後は完全に月末頃に照準を合わせての下見のつもりだったのに、
ツルタチツボスミレやらサンカヨウやら、なんやかんやと
いろいろ見れちゃったな、とウキウキしながら散策していたら、
本当にまさかまさかのホソバシロスミレというハッピーエンドだったし、
もうなんつうか全体的に展開がミラクル過ぎで(^.^)♪
やっぱり但馬あたりはいろいろと出会いが濃くて面白いなぁということを
あらためて再認識した日ともなりました。
また懲りずに何度も、季節を変えて、そして挑戦範囲も色々変えて、
足しげく通いまくって楽しむことにしましょうぞ☆


次⇒

topへ⇒