信州蘭巡り〜雨空に泣いて〜 19.6/29

<2>長野県各所 つづき  

  
気合を入れて歩いていくと、たっぷり実をつけたツバメオモト(左)を発見。
アズマヒキガエル(右)も歩いてました。赤い模様が入ってキレイな個体やん。

  
まだ花芽状態でしたが、チドリ系な雰囲気のランもありました。
少し大柄で、これが咲いたら見応えありそうな雰囲気。

  
せっかくなので花芽のアップ(左)も撮ってみたり。なんて種類になるのかな?
コフタバラン(右)は実に可愛らしい株が見つかったりします。

  
ミヤマシグレ(左)もありましたが、まだ花芽状態。これはこれでCUTEだけど。
スギカズラ?(右)も並んでいて、小雨の中でいい風情をかもしていたりとか。

  
さらにいい雰囲気のギンリョウソウ(左)をみたりしつつ歩くと、ようやく
期待していたショウキラン(右)を発見。これでショウキラン系2種制覇ってわけね。
でももう1つの期待していた珍品ランは見つからず。まだ花芽着き始めたころ頃みたいだし…

  
んで、お次の場所へ移動していく途中で、そういえば噂に
聞いていた「山野草エンドレスガーデン」が近いということに気付いたので立ち寄ることに。
すると、満開のタカネエビネ(左)があったり、ルリトラノオ?(右)があったりします。

  
ササユリ(左)は旬を過ぎていましたが、まだ咲き残っている株がありました。
ヒメユリ(右)も何株か可愛らしく咲いていたり、いやはやホンマにラインナップが豊富やなぁ〜

  
こちらも盛りを過ぎてしまっていたのは、イワチドリ(左)。うむ、色落ちする前に見たかった。
ワタナベソウ(右)もいい雰囲気に咲き誇っている株がありました。

  
ウチョウランもすごくいい感じに咲いていたりしました。
その後、管理人の方とお話して、いろんな苦労話を聞かせていただいたりしたんですが
期待していた某ランは「横の木を切ったら急に消えちゃったんだよね」とのことで残念。
しかし、庭一面に色鮮やかな花が咲き誇っている景色は本当にミゴトでした♪

  
最後に夕方近くになってやってきたのは、お久しぶりの某山。
期待を膨らませながら中腹を歩いていくと、フタリシズカ(左)が花盛りでビックリ。
のっそりと歩いているアズマヒキガエル(右)もいましたが、なんか面白い色合いの個体やな。

  
クロイチゴ(左)もパラパラと咲いていました。やっぱ大きくてカッコええ。
テンナンショウ類(右)も咲き残りの株がありました。ここのはどの種類になるのかな?

  
カマツカ(左)もひっそりと隠れて咲いていました。
笹の中にはササバギンラン(右)も混じっていたりしましたが、
期待していた某ランは見つからず。もっと山麓の方だったのかな?

  
などと悩んでいたら、いつのまにかさっくりと山頂付近に。
湿地には、クリンソウ(左)があったり、アマドコロ(右)があったりします。

  
スズランもずらりと並んでいました。ちょうどいいタイミングかな?
じっくり見たかったけど、林道からだと少し距離があって残念……

  
レンゲツツジ(左)もちょうどいい雰囲気に花盛りでした。
シロバナヘビイチゴ(右)もちょこちょこっと咲いていて、これまたエエ雰囲気。

  
アヤメ(左)もズラッと並んで咲いていました。
ここらですぐ近くに咲いているスズランがあったので花のアップ(右)も撮ってみたり。

  
歩いていくと、予想外のホテイアツモリソウがお出迎えしてくれてビックリ!
何年か前に訪れた時はこのタイミングはほぼ終わってたのに…

  
可愛らしい側面顔(左)もバシバシと撮影。本当にちょうど花盛りな感じやん。
あたりにはコケモモ(右)もありました。ここらへんにも自生してるんやね。

  
んで、なんと前回はすっかり終わっていたキバナノアツモリソウが
ちょうど花盛りでビックリという一幕もありました。今年は時期が遅いんかな?

  
というわけで、側面(左)やら、正面(右)やらもバシバシと撮影。
ここらへんは正直全く期待外だったんですが、いやぁいろいろ来てみるもんですなぁ♪

  
可愛らしいムラサキ系の花(左)もありました。ノハラムラサキになるの?
サラサドウダン(右)も大満開の株があったりしました。

  
そうこうするうちに日が沈み始めたので大慌てで引き上げようとすると、
イグチ類(左)やら、冬虫夏草?(右)やらに遭遇しましたが、

というわけで、なんか不思議なストーリーの1日となりました。
初手のいきなりシナノショウキランはなかなかのスタートダッシュっぷりだったんですが
なぜだか1株だけでそれっきり見つからなかったし、
お次の場所のショウキランは雨の中を散々探し回ってやっぱり1株だったし
おまけのランは見つからないし、走り回った割にはなぁだったんですが、
最後の不思議なおまけトライアルでは期待してたものは
なかったものの、以外に花盛りアツモリ系2種というのは嬉しい限りでした♪
しかし、大雨くらいながらずっと山を歩き回って
しかもただ歩いているだけの時間が長かったのでメチャくたびれ切った上に
最初にお会いした方との花談義の中で昨年の挑戦の話になり、
「あ、○○山のコアツモリソウ、たくさんあったでしょ、え、空振りだったんすか?」
などとすごく悔しいオハナシを耳にしちゃって悔しくなったのとの
合わせ技一本があったので、普通に帰るつもりだったのに、うっかりそのまま
そこらで寝ちまうという、割と無謀な計画変更をブチかましたりしたのでしたとさ(笑


次⇒

topへ⇒